• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2013年 > 福島第一原子力発電所における台風接近に伴う降雨の影響について(続報3)

報道関係各位一斉メール 2013年

福島第一原子力発電所における台風接近に伴う降雨の影響について(続報3)

平成25年10月16日
東京電力株式会社

 福島第一原子力発電所における台風接近に伴う降雨の影響の続報についてお知らせいたします。

 台風の影響により、以下のエリアで堰の水位が上昇していることから、緊急時の措置として、当該堰ドレン弁の開操作により、堰外へ排出いたします。

 ・G3エリア(北):午前8時56分にドレン弁開により開始
 ・G3エリア(東):午前8時56分にドレン弁開により開始

 なお、G3エリアタンクは溶接型であり、多核種除去設備(ALPS)処理後の処理水(セシウムとベータ核種を除去しトリチウムを含むもの)も貯蔵しております。パトロール等で漏えいのないことを確認しておりますが、堰内の水についてセシウムとストロンチウムを分析し、排出基準以下である事を確認しております。

 ※排出基準:
 ・セシウム134:15 Bq/L未満
 ・セシウム137:25 Bq/L未満
 ・その他のガンマ核種が検出されていないこと(天然核種を除く)
 ・ストロンチウム90:10 Bq/L未満(簡易測定法により計測)
 ・タンク内の水質等を参考に、他の核種も含めて告示濃度基準を満たすこと

 各エリアの堰内の水の分析結果は以下の通りです。

 <G3エリア(北)>
 ・セシウム134:検出限界値未満(検出限界値:14 Bq/L)
 ・セシウム137:検出限界値未満(検出限界値:18 Bq/L)
 ・ストロンチウム90:0.88 Bq/L

 <G3エリア(東)>
 ・セシウム134:検出限界値未満(検出限界値:13 Bq/L)
 ・セシウム137:検出限界値未満(検出限界値:17 Bq/L)
 ・ストロンチウム90:1.0 Bq/L

 また、すでにお知らせしているCエリア(東)の堰内の水の分析結果について、誤りがありましたので、お詫びして訂正いたします。

 誤)ストロンチウム90:2.4 Bq/L
 正)ストロンチウム90:2.5 Bq/L

 

以 上


ページの先頭へ戻ります