• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2013年 > 福島第一原子力発電所構内H4エリアのタンクにおける水漏れについて(続報56)

報道関係各位一斉メール 2013年

福島第一原子力発電所構内H4エリアのタンクにおける水漏れについて(続報56)

平成25年10月18日
東京電力株式会社

 8月19日に発見した「福島第一原子力発電所構内H4エリアのタンクにおける水漏れ」に関する続報についてお知らせいたします。

 昨日(10月17日)採取したH4エリア周辺の地下水観測孔E-1において、トリチウムの分析結果が出たことから、お知らせいたします。

 結果は、過去の変動と比較して、高い値となっております。

<観測孔E-1のトリチウム分析結果(10月17日採取分)>
  ・全ベータ: 400,000 Bq/L(お知らせ済み)
 ・トリチウム: 790,000 Bq/L(過去最高) 
(参考)
 観測孔E-1の分析結果
(10月16日採取分)
 ・全ベータ:   61 Bq/L
 ・トリチウム:230,000 Bq/L
(10月15日採取分)
 ・全ベータ:   90 Bq/L
 ・トリチウム:260,000 Bq/L 

 引き続き監視を継続するとともに、汚染土壌の更なる除去に努めてまいります。

 その他の分析結果については、前回と比較して有意な変動はありませんでした。
 
 今後、H4エリアタンクからの漏えいや平成24年3月26日と4月5日の淡水化装置(逆浸透膜式)で処理後の濃縮塩水移送配管からの漏えいの影響によるものなのか引き続き調査してまいります。

 サンプリングの結果については、当社ホームページに掲載しておりますので、ご参照願います。
 URL:http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/index-j.html

以 上


ページの先頭へ戻ります