• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2013年 > 福島第一原子力発電所2号機タービン建屋1階大物搬入口(建屋内)における水溜まりの発見について(続報2)

報道関係各位一斉メール 2013年

福島第一原子力発電所2号機タービン建屋1階大物搬入口(建屋内)における水溜まりの発見について(続報2)

平成25年12月18日
東京電力株式会社

 福島第一原子力発電所2号機タービン建屋1階大物搬入口付近(建屋内)の水溜まり発見についての続報です。

 発見した水溜まりの線量当量率測定の結果は、以下のとおりです。

 <表面線量率>(水溜まりから10cmの距離で測定)
  ・ガンマ線 0.30 mSv/h(1cm線量当量率)
  ・ベータ線 0.05 mSv/h(70μm線量当量率)

 <雰囲気線量率>(水溜まりから100cmの距離で測定)
  ・ガンマ線 0.08 mSv/h(1cm線量当量率)
  ・ベータ線 0.00 mSv/h(70μm線量当量率)

 水溜まりの線量当量率が床面等と比較して同程度であること、および床面の表面汚染測定(スミア式)と水溜まりの表面汚染測定(スミア式)の核種組成比が近似していることから、水溜まりの線量当量率は、床面の汚染の影響によるものと推定しております。水溜まりは拭き取り処理を実施します。

 その後の現場状況確認において、大物搬入口付近(建屋内)の天井部より水が滴下していることを確認しました。当該天井部はタービン建屋の屋根部であることから、雨水であると推定しました。

 


 

                                                                                                         以 上


ページの先頭へ戻ります