• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2013年 > 福島第一原子力発電所地下貯水槽観測孔における分析結果について

報道関係各位一斉メール 2013年

福島第一原子力発電所地下貯水槽観測孔における分析結果について

平成25年12月27日
東京電力株式会社

 地下貯水槽からの漏えいに伴い、地下貯水槽ドレン孔水、漏えい検知孔水、地下貯水槽観測孔等の分析を日々実施していますが、昨日(12月26日)、採取した地下貯水槽観測孔(No.1~3)A1において、全ベータの測定値が前回値と比較して高い値が検出されました。塩素濃度は前回値と比較して有意な変動は見られておりません。

<地下貯水槽観測孔A1 分析結果>
 今回:12月26日採取分
    全ベータ:1.3 Bq/cm3
    塩素濃度:9 ppm

 前回:12月25日採取分
      全ベータ:検出限界値未満(検出限界値:2.8^-2 Bq/cm3)
    塩素濃度:7 ppm

 A1以外の21箇所(A2~A19,B1~B3)については塩素濃度および全ベータともに前回値と比較して有意な変動は見られておりません。このため、試料採取、分析過程で汚染物質の混入の可能性があるため、本日(12月27日)、再度試料採取、分析を行い状況を確認いたします。

 サンプリングの結果については、当社ホームページに掲載しておりますので、ご参照願います。
  URL:http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/index-j.html

 


 以 上


ページの先頭へ戻ります