• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2014年 > 福島第一原子力発電所 多核種除去設備(ALPS)B系の不具合ならびに全系統停止について(続報)

報道関係各位一斉メール 2014年

福島第一原子力発電所 多核種除去設備(ALPS)B系の不具合ならびに全系統停止について(続報)

平成26年3月18日
東京電力株式会社

 多核種除去設備(ALPS)B系の不具合ならびに全系統停止についての続報です。

 多核種除去設備(ALPS)B系出口水の全ベータ濃度に高い値が検出された件について、多核種除去設備(ALPS)A,B,C出口水、下流側のサンプルタンクA,B,C及び移送先のJ1エリア(D1)タンクの全ベータ放射能濃度の分析結果をお知らせします。

 ・A系出口:2.7×10^2Bq/L(採取日:3月17日)
 ・C系出口:2.2×10^2Bq/L(採取日:3月17日)
 ・B系出口:1.1×10^2Bq/L(採取日:3月14日)
 ・B系出口:1.4×10^7Bq/L(採取日:3月17日午前10時45分)
 ・B系出口:1.1×10^7Bq/L(採取日:3月17日午後2時15分)
 ・サンプルタンクA:5.1×10^6Bq/L(採取日:3月18日)
 ・サンプルタンクB:3.6×10^6Bq/L(採取日:3月18日)
 ・サンプルタンクC:9.2×10^6Bq/L(採取日:3月18日)
 ・J1エリア(D1)タンク:5.6×10^6Bq/L(採取日:3月18日)

 多核種除去設備(ALPS)A系及びC系出口水の分析結果については、通常と同程度の値であり、除去性能に異常はみられません。また、多核種除去設備(ALPS)B系に漏えい等の異常は確認されていません。

 引き続き、原因等の調査を行います。

以 上

 

 

 

 


ページの先頭へ戻ります