• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > リリース・お知らせ一覧 > プレスリリース > 2014年 > 平成26年度夏期の電力需給見通しについて

プレスリリース 2014年

平成26年度夏期の電力需給見通しについて

平成26年5月16日
東京電力株式会社

 東北地方太平洋沖地震以降、広く社会の皆さまには節電へのご理解とご協力をいただき、厚くお礼申し上げます。このたび、平成26年度夏期の電力需給見通しを取りまとめましたのでお知らせいたします。

 電力需要については、お客さまにご協力いただいております節電の効果等を踏まえ、今夏において需要が高まると予想している7、8月において、平年並みの気温の場合では5,160万kW、平成22年度並みの猛暑の場合では5,320万kWになると見通しております。
 これに対して供給力は、千葉火力発電所3号系列(コンバインドサイクル化後の出力:50万kW×3軸、燃料:LNG)や鹿島火力発電所7号系列(コンバインドサイクル化後の出力:42万kW×3軸、燃料:都市ガス)のコンバインドサイクル発電方式への変更による増出力や、葛野川発電所4号機(出力:40万kW、揚水発電方式)など新規電源開発の着実な推進に努めた結果、西日本(関西電力株式会社および九州電力株式会社)からの電力融通の要請があった場合でも、7月で5,582万kW、8月で5,612万kWの供給力を確保できる見込みです。
 これにより、平成22年度並みの猛暑の場合においても、7月の予備力は262万kW、予備率は4.9%となり、安定供給を確保できるものと考えております。

 なお、本日開催された政府の「電力需給に関する検討会合」において、『現在定着している節電の取組※1が、国民生活、経済活動等への影響を極力回避した無理のない形で、確実に行われるよう、節電の協力を要請※2する。』とされており、お客さまにおかれましては、引き続き、無理のない範囲での節電へのご協力をお願いいたします。

 当社といたしましては、電力設備の確実な運転・保守を含めた供給力の確保を着実に進めていくことで安定供給の確保に全力を尽くしてまいります。

以 上

※1 節電を行うにあたっての目安として、節電の定着分(平成22年度最大電力比)である▲11.7%が示されている

※2 政府の節電協力要請期間・時間帯
 平成26年7月1日(火)~平成26年9月30日(火)の平日 9:00~20:00
 ただし、8月13日(水)~8月15日(金)を除く

別紙

添付資料

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウで開く


ページの先頭へ戻ります