• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2014年 > 福島第一原子力発電所4号機廃棄物処理建屋漏えい検知器動作に伴う使用済燃料プール代替冷却系の自動停止について(続報)

報道関係各位一斉メール 2014年

福島第一原子力発電所4号機廃棄物処理建屋漏えい検知器動作に伴う使用済燃料プール代替冷却系の自動停止について(続報)

平成26年11月8日
東京電力株式会社

 昨日(11月7日)お知らせしております、福島第一原子力発電所4号機廃棄物処理建屋漏えい検知器動作に伴う使用済燃料プール代替冷却系の自動停止についての続報です。

 現場を確認したところ、当該漏えい検知器周辺に約1m×約2m×深さ約1cmの水たまりがあり、検知器近傍に敷設されていた仮設ホースから水が流れていることを確認しました。

 このため、周囲を調査したところ、屋外に設置されていた工事用水(淡水)を溜める仮設プラスチックタンク内の停止中の水中ポンプから、サイフォン効果により、仮設ホースを通じて水が流れ込んでおり、当該ポンプを取り外したことにより、水の流入は停止しました。
 漏えいした水については、堰内に留まっており建屋外への流出はありません。

 なお、使用済燃料プール代替冷却系の配管に漏えいは確認されませんでした。

 今後、水が流れ込んだ経緯について調査するとともに、漏えいした水の分析を行います。

以 上


ページの先頭へ戻ります