• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2015年 > 福島第一原子力発電所H4タンクエリア外堰内雨水水位低下について(続報)

報道関係各位一斉メール 2015年

福島第一原子力発電所H4タンクエリア外堰内雨水水位低下について(続報)

平成27年3月10日
東京電力株式会社

 H4タンクエリアの外堰内雨水水位低下についての続報です。

 現場確認を行ったところ、H4東エリアの東側およびH4北エリアの北側外周堰とアスファルトの継ぎ目より水が流出していること、また、H4エリアおよびH4東エリアの内周堰と外周堰の間に設置されている側溝と基礎部の継ぎ目より気泡が出ていることを確認しました。

 外周堰周辺のB排水路およびC排水路は暗渠化されていること、流出した水が暗渠化されていない無線局舎付近の枝排水路への流れ込みがないこと、構内側溝排水放射線モニタの指示値に有意な上昇がないことから、外周堰内に溜まった雨水は、外周堰付近の地面に浸透したものの、排水路を通じて、海への流出はないものと判断しています。

 外周堰内に溜まった雨水については、本日(3/10)、午前10時25分から午後2時52分にかけて、H4北エリア内周堰内に移送を実施しました。

 外周堰内の雨水の流出量は、降雨量および外周堰に流入した雨水の総量(約915m3)から移送量(約168m3)を引いて、約747m3と推定しています。

 なお、外周堰内に溜まった雨水の移送完了後、外周堰とアスファルトの継ぎ目からの水の流出、および内周堰と外周堰の間に設置されている側溝と基礎部の継ぎ目からの気泡が止まったことを確認しました。

 H4・H4北・H4東エリア外周堰内に溜まった雨水の放射能の分析を行った結果は以下のとおりです。

<H4外周堰内① 雨水>(9時10分採取)
全ベータ  :1.9×10^3Bq/L
セシウム134:検出限界値未満(検出限界値:1.1×10^1Bq/L)
セシウム137:1.8×10^1Bq/L

<H4外周堰内② 雨水>(9時15分採取)
全ベータ  :1.5×10^3Bq/L
セシウム134:検出限界値未満(検出限界値:1.0×10^1Bq/L)
セシウム137:検出限界値未満(検出限界値:1.7×10^1Bq/L)

<H4外周堰内③ 雨水>(9時20分採取)
全ベータ  :8.3×10^3Bq/L
セシウム134:検出限界値未満(検出限界値:1.2×10^1Bq/L)
セシウム137:検出限界値未満(検出限界値:1.6×10^1Bq/L)

<H4外周堰内④ 雨水>(9時25分採取)
全ベータ  :1.5×10^2Bq/L
セシウム134:検出限界値未満(検出限界値:1.0×10^1Bq/L)
セシウム137:検出限界値未満(検出限界値:1.6×10^1Bq/L)

<H4外周堰内⑤ 雨水>(9時30分採取)
全ベータ  :3.7×10^2Bq/L
セシウム134:検出限界値未満(検出限界値:1.1×10^1Bq/L)
セシウム137:検出限界値未満(検出限界値:1.7×10^1Bq/L)

<H4内周堰内雨水>(10時10分採取)
全ベータ  :4.0×10^2Bq/L
セシウム134:検出限界値未満(検出限界値:1.2×10^1Bq/L)
セシウム137:検出限界値未満(検出限界値:1.7×10^1Bq/L)

<H4北内周堰内雨水>(10時15分採取)
全ベータ  :7.3×10^2Bq/L
セシウム134:検出限界値未満(検出限界値:1.1×10^1Bq/L)
セシウム137:検出限界値未満(検出限界値:1.7×10^1Bq/L)

<H4東内周堰内雨水>(10時20分採取)
全ベータ  :4.5×10^2Bq/L
セシウム134:検出限界値未満(検出限界値:1.1×10^1Bq/L)
セシウム137:検出限界値未満(検出限界値:1.7×10^1Bq/L)

 引き続き、当該外周堰からの流出について調査を行っていきます。

※詳細については、平成27年3月10日に公表した資料をご確認ください。
http://www.tepco.co.jp/decommision/news/handouts/index-j.html

 

以 上


ページの先頭へ戻ります