• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > リリース・お知らせ一覧 > プレスリリース > 2015年 > 原子力損害賠償に関する書類の紛失について

プレスリリース 2015年

原子力損害賠償に関する書類の紛失について

2015年4月15日
東京電力株式会社
福島復興本社

 当社福島第一原子力発電所および福島第二原子力発電所の事故により、発電所周辺地域の皆さまをはじめ、広く社会の皆さまに大変なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを、改めて心よりお詫び申し上げます。

 2015年4月13日、当社福島原子力補償相談センターの相談窓口にご請求者さまが来所され、ご請求内容の進捗状況のお問い合わせをいただいたことから、当該請求書の処理状況を確認したところ、請求書一通を紛失していることが判明しました。

 紛失の原因につきましては、ご請求書の事前確認を行うため、お預かりしたご請求書を当社事務所間で授受する際に、本来定められた方法を守らなかったことにより、ご請求書を紛失したものと考えております。

 所在不明となっている書類は、昨年2月に当社福島原子力補償相談室社員が、ご請求者さまからお預かりした「田畑に係る財物賠償のご請求書(証憑類を含め一式)」であり、これらには、ご請求者さまを含め5名の方の個人情報(氏名、住所、請求内容等)が記載されています。

 当社としては、所在不明になったと思われる箇所を捜索するとともに、本日、福島警察署に紛失届けを提出しましたが、現時点で発見に至っておりません。
 今回の件によりご迷惑をおかけした皆さまには、このたびの不適切な取り扱いについてお詫びするとともに経過をご説明し、ご理解をいただいております。

 当社は、ご請求者さまからお預かりした大切な書類の適正な取り扱いについて、厳重・適正管理に努めてまいりましたが、今後、このような事態を繰り返さぬよう、以下の具体的な対策を講じることにより、個人情報を含む原子力損害賠償に関する書類の取り扱いルールを社員に再度周知・徹底し、さらなる厳重・適正管理に努めてまいります。

(具体的な対策)
 1.お預かりしたご請求書の取り扱いルールの再徹底。
 2.現在、お預かりしているご請求書の処理状況について総点検を実施するとともに、今後も定期的に点検を実施。

 ご請求者さまからお預かりした大切な書類の所在が不明となるという事態となり、関係者の皆さまに多大なご迷惑とご心配をおかけすることになりましたことを、重ねて深くお詫び申し上げます。

以 上


ページの先頭へ戻ります