• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2015年 > 側溝に敷設されている耐圧ホースからの水の漏えいについて(続報5)

報道関係各位一斉メール 2015年

側溝に敷設されている耐圧ホースからの水の漏えいについて(続報5)

2015年5月30日
東京電力株式会社

 福島第一原子力発電所構内の35m盤の五差路から2・3号機建屋へ向かう道路(2・3号機建屋側への下り勾配)脇の側溝に敷設されている耐圧ホースからの水の漏えいについて、調査結果の続報です。

 K排水路排水口の放射能分析結果に関して、その後に採取した水の放射能分析結果等を報告します。
    ・K排水路排水口放射能分析結果 [採取日:5月29日、30日]
  http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/k_drainage_15053002-j.pdf

  ・福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果 海水[採取日:5月30日]
  http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2015/images/2tb-east_15053003-j.pdf

 5月30日午後1時50分に採取した、K排水路排水口の水の分析結果(全β値)は、340Bq/Lであり、5月29日午後2時に採取した試料において6,600Bq/Lを確認した後、減少傾向を示しております。

 港湾内および港湾外の放射性物質濃度については、港湾中央において、5月30日に採取した試料の分析結果(全β値)は120Bq/Lであり、5月29日に採取した試料の分析結果(全β値)の190Bq/Lと比較して、減少しており、その他の箇所においても、これまでの分析結果と比較して有意な変動が確認されておりません。また、港湾口連続モニタの値に有意な変動が確認されていないことから、外洋への影響はないものと考えております。

 漏えい箇所周辺の側溝については、パワープロベスター(以下、「バキューム車」という。)による水の回収作業を行い、5月30日午後3時30分頃に完了しました。

 K排水路出口付近については、引き続きバキューム車による水の回収作業を行います。

 


以 上


ページの先頭へ戻ります