• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > リリース・お知らせ一覧 > プレスリリース > 2016年 > 個人情報を記録したUSBメモリの紛失について

プレスリリース 2016年

個人情報を記録したUSBメモリの紛失について

2016年1月28日
東京電力株式会社

 当社カスタマーサービス・カンパニー執務室内において、個人情報を記録したUSBメモリを紛失いたしました。お客さまの大切な情報を紛失するという事態となり、お客さまをはじめ、広く社会のみなさまには、多大なご迷惑とご心配をおかけすることを深くお詫び申し上げます。

1.経緯
 2016年1月21日、同カスタマーセンター(東京都新宿区西新宿)執務室内において、当社社員が、電話対応状況のデータ移行を行うためUSBメモリを使用し、その後、1月25日に再度データ移行を行おうとしたところ、同USBメモリを紛失していることに気づきました。
 ただちに、当該執務室内を含む建屋内を捜索するとともに、関係者への聞き取りなどを本日まで継続して行っておりますが、現時点で発見に至っておりません。

2.USBメモリ内の情報
 紛失したUSBメモリには、約81万軒のお客さまの個人情報(氏名、電話番号、住所、電気料金、電気使用量)が含まれております。紛失した当該USBメモリ内のデータには高度なセキュリティ対策が講じられていること、また、現時点で執務室内での紛失と考えられ、持ち出された形跡が確認できていないことから、当該データが流出する可能性は極めて低いものと考えております。

3.被害状況
 現時点で、個人情報紛失に該当するお客さま情報の流出や不正使用等の被害が発生した事実は確認されておりませんが、引き続きUSBメモリの捜索を継続し、発見に努めてまいります。
 なお、当該USBメモリが執務室外に持ち出された可能性は極めて低いものの、万が一に備え、昨日、中野警察署へ紛失届けを提出しております。

4.お客さまへの対応
 本件に関する専用フリーコールを本日より設置いたしましたので、お客さまにおかれましては、ご心配・ご不明な点がございましたら、大変お手数ですが、お問い合わせいただきますようよろしくお願いいたします。

5.再発防止対策
 当社はこれまで、USBメモリを適正に取り扱うよう取り組んでまいりましたが、このたびの紛失をふまえ、保管管理を徹底するよう、1日2回の確認と使用前後に管理者が貸出保管状況の確認を行うなどの再発防止策を実施し、個人情報の厳正的確管理に努めてまいります。

 このたびは、お客さまの大切な情報を紛失するという事態となり、お客さまをはじめ、広く社会のみなさまには、多大なご迷惑とご心配をおかけすることになりましたことを重ねてお詫び申し上げます。

以 上

<本件に関する専用フリーコール>
東京電力株式会社
0120-995-903
(受付時間全日午前9時~午後5時)
※1月28日は午後8時まで


ページの先頭へ戻ります