• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2016年 > 福島第一原子力発電所 多核種除去設備における漏えい検知器の動作について(続報2)

報道関係各位一斉メール 2016年

福島第一原子力発電所 多核種除去設備における漏えい検知器の動作について(続報2)

 2016年3月25日
東京電力株式会社

 本日(3月25日)午後7時42分に確認された、福島第一原子力発電所 多核種除去設備における漏えい検知器の動作に関する続報2です。

 同日午後10時00分頃、水の滴下が確認された配管フランジについて増し締めを実施し、午後10時15分頃に滴下が停止したことを確認しました。その後、午後11時00分までに滴下は確認されていません。

 なお、漏えい量は、漏えい検知用の升(約20cm×20cm×深さ5cm)、および床面の漏えい範囲(約2m×3m×深さ1mm)より、約8リットルと推定しました。

 今後、水の分析を行うとともに回収作業を行います。

以 上


ページの先頭へ戻ります