ご挨拶

東京電力フュエル&パワー株式会社は、2016年4月、燃料・火力発電事業を行う東京電力グループの基幹事業会社として設置されました。

当社は、国内外のお客さまに対して、国際競争力あるエネルギーを安定的にお届けするとともに、企業価値を高め、福島への責任を果たしていくことをミッションに掲げております。これらの実現のため、燃料上流・調達から発電、電力・ガスの販売までの事業を中部電力株式会社との共同事業体であるJERAに統合していく包括的アライアンスの推進ならびに火力発電所のバリューアップ(生産性向上)の取り組み等により、国際エネルギー市場で競合他社と互角に戦うことができるグローバルなエネルギー企業体への変革を進めております。

現在、当社の事業を取り巻く環境は激変しており、今後、人口減少や省エネの進展等による電力需要の低迷や再生可能エネルギーの導入の進展により、国内の火力事業は競争が一層激化していくものと予想されます。
これまでは、電気の安定供給という使命の下、燃料供給や発電を止めることのないよう努力を続けてきましたが、今後はそうした業務に加え、オリジネーション(競争力のある資産の構築)およびオプティマイゼーション(保有資産の最適化)を戦略の軸とし、世界とダイナミックに渡り合えるエネルギー事業者を目指して、現場の視点とグローバルな視点、そして「強靱な体質」と「情熱」を持って、変革を進めてまいります。

東京電力フュエル&パワー株式会社

代表取締役会長 佐野 敏弘
代表取締役社長 守谷 誠二

代表取締役会長 佐野(左) 代表取締役社長 守谷(右)

代表取締役会長 佐野(左) 代表取締役社長 守谷(右)

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 会社概要
  3. トップメッセージ