ご挨拶

2016年4月、東京電力フュエル&パワーは、燃料・火力発電事業を行う東京電力グループ基幹事業会社として新しく設置され、約2,500名の従業員とともに新会社として船出を切りました。

現在当社は、発電事業の根幹を支えている火力発電を担う事業者として、安定的に電力を供給するのみならず、エネルギー事業者が直面している新たな競争の時代の中で、国際競争力のある電気をお届けするとともに、収益を上げて福島への責任を果たす、という重大な使命を担っています。この大きな挑戦に向けて、圧倒的に打ち勝つべく立ち向かう所存です。

私たちの最大の強みは、長年培ってきた技術力、知見と、それらを兼ね備えた人財です。これまでは、電気の安定供給という使命の下、燃料供給や発電を止めることのないよう、地道な努力を続けてきましたが、これからはそうした業務に加えて、世界トップの火力発電所運営を目指し、徹底的な業務の効率化や創意工夫を行うことにより、燃料費を削減していきます。

私たちは、世界とダイナミックに渡り合えるエネルギー事業者を目指し、現場の視点とグローバルな視点、そして「情熱」と「気概」を持って、変革を図ってまいります。

東京電力フュエル&パワー 代表取締役社長

佐野 敏弘

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 会社概要
  3. トップメッセージ