AIによる火力発電所運営の最適化について
~東電FPと日本タタ・コンサルタンシー・サービシズがAI開発・導入に向けて基本合意締結~

2018年5月22日
東京電力フュエル&パワー株式会社
日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社

 東京電力フュエル&パワー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:守谷誠二、以下「東電FP」)と日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:アムル・ラクシュミナラヤナン、以下「日本TCS」)は、AIによる火力発電所運営の最適化モデルの開発・導入に向けた基本合意書を締結しました。

 東電FPは、新々・総合特別事業計画実現のため、経済産業省資源エネルギー庁電力・ガス事業部の「総合資源エネルギー調査会 電力・ガス事業分科会 電力・ガス基本政策小委員会」に設置された「電力インフラのデジタル化研究会*1」にて、AIによる石炭火力発電所の燃焼調整*2最適化を実施検証いたしました。
 本研究会において、過去2年分の運転データを元にAIを用いた最適化モデルを算出したところ、ボイラー出口から排出されるNOx排出量が、エンジニアによる最適条件と比較して約10%低減し、AI導入による環境的かつ経済的な有効性を確認いたしました。

 東電FPと日本TCSは、火力発電分野におけるビッグデータを保有する東電FPの強みと、IT・デジタル分野におけるグローバル市場での豊富な知見と経験を有するタタコンサルタンシーサービシズの強みを融合し、ハードに強い日本とソフトに強いインドによる国際協力の枠組みで、火力発電所運営の最適化モデルを開発し、より多くの発電所への導入を加速することで、発電所運営の効率化・最適化に取り組み、環境負荷低減や化石燃料の使用量削減に挑戦してまいります。

以 上

※1: 2016年11月より、国全体の電力産業の競争に資する価値について、具体施策を議論。
東電FPは参加企業として、発電分野における運用の更なる高度化や積極的な海外進出に向けたデジタル化による更なる競争力強化について検証を行った。
※2: 石炭火力発電所において、燃焼に関連する複数のパラメーターを調整することにより、燃焼プロセスにおける排ガスの最小化・蒸気の温度・ボイラーの効率などを最適化する。

<別紙>

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. リリース・お知らせ一覧
  3. プレスリリース
  4. プレスリリース2018年一覧
  5. AIによる火力発電所運営の最適化について
    ~東電FPと日本タタ・コンサルタンシー・サービシズがAI開発・導入に向けて基本合意締結~