2019年3月22日
JXTGエネルギー株式会社
東京電力フュエル&パワー株式会社

 JXTGエネルギー株式会社(代表取締役社長:大田 勝幸、以下「JXTG」)と東京電力フュエル&パワー株式会社(代表取締役社長: 守谷 誠二、以下「東電FP」)は、本日、東京大井地区における水素ステーション事業について基本合意しましたので、お知らせいたします。

 JXTGは、東電FPが運営する大井火力発電所の一部敷地において、2020年度初めを目途に、敷地内に都市ガス改質型の水素製造装置を有する(オンサイト方式)、商用水素ステーションの建設を目指してまいります。東電FPは、大井火力発電所の敷地及びインフラ等を提供します。また、原料となる都市ガスは、JXTG、東電FP等が出資する「扇島都市ガス供給株式会社」の製品を使用する予定です。

 本水素ステーションは、世界有数の水素供給能力を有し、2020年を機に普及が期待される乗用車タイプの燃料電池自動車(FCV)に加え、東京都が導入を推進している燃料電池バス(FCバス)への水素供給拠点となります。さらに、首都圏のJXTG水素ステーションへの供給を目的に、水素出荷設備の設置を計画しております。

 今後も両社は、それぞれが保有するリソースやノウハウを活用しながら、水素事業を含め幅広い分野で協力関係を模索することで、国際競争力のあるエネルギーの安定供給および低炭素社会実現への貢献を目指してまいります。

<大井火力発電所内の水素ステーションの概要>
大井火力発電所内の水素ステーションの概要

参考資料

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. リリース・お知らせ一覧
  3. プレスリリース
  4. プレスリリース2019年一覧
  5. 東京大井地区における水素ステーション事業に関する基本合意について