2018年10月30日

2018年10月30日
東京電力ホールディングス株式会社

 多核種除去設備で処理した水を貯蔵しているG5-A2タンクの最下部からの水について、その後の確認状況をお知らせ致します。

 午後1時5分、多核種除去設備で処理した水に比べて塩分濃度が低いこと、タンク水位に有意な変動がないこと、並びにタンク最下部からの水が止まっていることから、タンク最下部からの水については、同タンクの最下部と基礎部の間に浸入した雨水が出てきたと判断しました。

以 上

ページの先頭へ戻ります