2017年3月7日
東京電力ホールディングス株式会社
中部電力株式会社
北陸電力株式会社

 東京電力ホールディングス株式会社、中部電力株式会社および北陸電力株式会社(以下「3社」)は、共に沸騰水型軽水炉(BWR)、特に運用中の改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)を保有していること、さらには、互いに地理的に近接していることを踏まえ、原子力安全向上にかかる相互技術協力を行うこととし、本日、3社間で協定を締結しましたので、お知らせします。

 具体的には、3社の炉型の同一性を活かし、運転員技能向上や、運転にかかる知見の共有等、技術的協力を行います。

 さらに、3社の地理的近接性を活かし、現行の原子力事業者間協定(※)の実効性をより一層高めるものとして、万一、原子力災害が発生した場合の事故収束活動支援や住民避難支援等の協力を相互に行います。

 3社は、引き続き、原子力事業者として、一層の安全性・信頼性確保に万全を期してまいります。

以 上

※原子力災害時における原子力事業者間協力協定(2014年10月10日に電力9社、日本原子力発電株式会社、電源開発株式会社、日本原燃株式会社の12社で締結)

別紙

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. リリース・お知らせ一覧
  3. プレスリリース
  4. プレスリリース2017年一覧
  5. 原子力安全向上にかかる相互技術協力について