2019年1月18日
東京電力ホールディングス株式会社
Ørsted A/S

 東京電力ホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:小早川智明、以下「東電HD」)とØrsted A/S(本社:デンマーク王国フレゼリア、CEO兼社長:ヘンリク・ポールセン、以下「Ørsted社」)は、洋上風力事業の協働について、本日、覚書を締結いたしました。

 東電HDは、国内外で洋上風力の事業機会を検討しています。また、Ørsted社は、1991年に世界初の洋上風力発電所を設置して以降、世界の洋上風力発電業界を牽引しており、欧州でこれまで25箇所以上の洋上風力発電所を建設するとともに、米国、台湾においても、大規模洋上風力発電プロジェクトの開発を進めています。

 両社は、東電HDが実現可能性を検証するために海底地盤調査を行っている銚子沖のウィンドファーム化について、協働して検討していくとともに、さらに広範な戦略的パートナーシップに向けて、協働してまいります。

 東電HD小早川代表執行役社長のコメント;
 「電気事業における専門能力をもつ東京電力と、洋上風力事業における比類なき実績をもつØrsted社によるパートナーシップは、銚子沖地点での実現に、より近づくものと確信しています。また、これからの国内外の洋上風力事業(開発、建設、運用、所有)を発展させていくスタートになるものと期待しています。」

 「東京電力は、国内外で600~700万kWの再生可能エネルギープロジェクトを開発し、再生可能エネルギーを主力電源の一つとしていきます。Ørsted社とのパートナーシップは事業成長の柱の一つとして再生可能エネルギー事業を拡大していくための強力な基盤となることを期待しています。」


 Ørsted社ヘンリク・ポールセンCEO兼社長のコメント;
 「Ørstedのビジョンは、グリーン・エネルギーで営まれる世界を創造していくことであり、アジア太平洋地域での事業を拡大し、20年以上にわたる洋上風力についての知見をこのパートナーシップに活かしていくことを楽しみにしています。」

 「日本最大の電力会社である東京電力は日本の電力市場や制度について熟知しています。この覚書は、大規模な再生可能エネルギーによる発電の拡大をめざす日本の目標を達成し、アジア太平洋地域において日本が洋上風力市場をリードすることに貢献していくためのØrstedと東京電力の構想の第一歩となります。Ørstedは、東京電力と協働する最初の機会を歓迎し、この協働関係をさらに強化していけることを期待しています。」

以 上

<参考>

ページの先頭へ戻ります