オゾン層破壊物質(ODS)の排出量、
輸入量、輸出量 <GRI 305-6>

東京電力グループはオゾン層破壊物質(ODS)の生産・輸入・輸出は行っていません。

2017年度 2016年度
生産・輸入・輸出量(t) 0 0

※排出量の算定にあたっては、排出係数:排出係数の情報源:該当なし
※使用した基準、方法、前提条件、計算ツール:該当なし

その他の大気排出物( SOx・NOx ) <GRI 305-7>

東京電力フュエル&パワーの火力発電所から排出される硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)を抑制するため、対策を講じ、世界的に非常に低い排出水準を維持しています。

火力発電所の大気汚染対策はこちら

SOx・NOx排出原単位(火力平均)

2017年度 2016年度 前年度比
SOx(g/kWh) 0.03 0.05 -40%
NOx(g/kWh) 0.09 0.10 -10%

関連情報

SOx・NOx排出原単位 他国比較(火力平均)

SOx・NOx排出原単位 他国比較(火力平均)

出典
海外:排出量/OECD.StatExtracts Complete databases available via OECD fs Library。
発電電力量/IEA WORLD ENERGY BALANCES 2017 EDITION。
日本:電気事業連合会調べ。
当社の値は東京電力フュエル&パワー2017年度実績。

原材料 <GRI 301-1,301-2,301-3>

東京電力グループの主たる製品は電気であり、発電用燃料が原材料となります。それぞれの使用量は次のとおり。

燃料使用量

燃料の種類 2017年度 2016年度
石炭(千t) 8,306 8,137
石油類(千kL) 978 2,134
ガス【LNG,都市ガス等】(千t) 22,957 23,565

バイオマス(千t)

74

-

原子力発電用燃料(t) 発電実績なし 発電実績なし

ページの先頭へ戻ります