• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

プレスリリース 2008年

当社原子力発電所運営に係る報告における不正・データ改ざん等の有無に関する調査結果の報告について

                            平成20年3月28日
                            東京電力株式会社

 当社は、平成18年12月27日に新潟県、柏崎市、刈羽村および福島県に提出した
「原子力発電所におけるデータ改ざん問題に係る総点検計画」にもとづき、発
電設備に係るデータ改ざんや必要な手続きの不備等の有無に関する点検を実施す
るとともに、その結果を踏まえた再発防止対策を実施してまいりました。

 本日、この計画に従い、原子炉等規制法、電気事業法、安全協定以外の法令・
条例にもとづく原子力発電所運営に係る報告における不正・改ざん等の有無に関
する調査結果をとりまとめ、新潟県、柏崎市、刈羽村および福島県に報告いたし
ましたので、お知らせいたします。

 今回の点検では、発電所運営に係る報告の数値データ等において新たに不正・
データ改ざん等を行っていた事実は確認されませんでしたが、誤記等の4件の不
適合事象を確認し、これらにつきましては、不適合情報として既にお知らせして
おります。
 しかしながら、これまでの調査において明らかになった不正・データ改ざん等
につきまして、改めて立地地域をはじめ広く社会の皆さま方に深くお詫び申し上
げます。

 当社は、このたびの一連の問題に対する強い反省に立ち、これまでの意識面
(しない風土)、仕組み面(させない仕組み)の対策をさらに拡充するとともに、
「言い出す仕組み」を構築し、再発防止に取り組んでおります。
 特に、原子力発電所の運営につきましては、今回の教訓を積極的に活かし、世
界最高水準の安全性と品質レベルを有する原子力発電所を目指して、東京電力グ
ループをあげて、安全・品質管理活動を拡充、強化しております。

 当社といたしましては、立地地域の皆さまやお客さまから信頼していただくこ
とが事業活動の基盤であることを改めて肝に銘じ、今後とも再発防止対策の確実
な実施に取り組むとともに、立地地域の皆さまの声に真摯に耳を傾け、業務運営
に反映していくことにより、信頼の回復に努めてまいります。

                                 以 上

○別添資料
・「当社原子力発電所運営に係る報告(区分3)における不正・データ改ざん等に
  関する調査結果について(概要版)」(PDF 19.5KB)「柏崎刈羽原子力発電所 発電所運営に係る報告(区分3)における不正・データ
  改ざん等に関する調査結果について」(PDF 46.3KB)「福島第一原子力発電所・福島第二原子力発電所 発電所運営に係る報告(区分3)
  における不正・データ改ざん等に関する調査結果について」(PDF 46.0KB)

* 原子力発電所におけるデータ改ざん問題に係る総点検計画
   平成18年11月30日に公表した柏崎刈羽原子力発電所1号機および4号機に
  おける冷却用海水の温度測定値(循環水の出口温度)の改ざん、ならびに12
  月5日に公表した福島第一原子力発電所1号機における復水器海水出入口温
  度測定データの改ざんについては、11月30日に原子力安全・保安院からのご
  指示、12月1日に新潟県、柏崎市および刈羽村からのご要請、12月5日に経
  済産業省からの報告徴収のご指示ならびに福島県からのご要請をいただいた
  が、これらのご要請およびご指示を踏まえて策定した計画書。
   調査および点検の範囲については、発電所設備に係る広範囲の業務におよ
  ぶことから、対象を大きく3つの区分に分けて調査・点検を行い、状況につ
  いては以下の通り、適宜公表することとしてきた。
    区分1:温排水等漁業調査結果報告書、電気事業法および原子炉等規制
        法に基づく法定検査における計算機のデータ処理等[経済産業
        省からの報告徴収指示(12/5)の対象、平成19年1月31日報告
        済み]
    区分2:電気事業法に基づく法定検査記録、原子炉等規制法に基づく記
        録・定期報告および安全協定に基づく定期報告等[原子力安全
        ・保安院からの指示文書(11/30)の対象、平成19年3月30日報
        告済み]
    区分3:発電所運営に係る報告[本日(平成20年3月28日)報告]


ページの先頭へ戻ります