• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

プレスリリース 2008年

起動操作中の5号機における発電機に関する警報発生の調査にともなう原子炉手動停止について

                            平成20年6月9日
                            東京電力株式会社
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<概要>
(事象の発生状況)
  ・平成20年6月8日、起動操作中の5号機において、発電機の保護に関する
   警報が発生し、タービンが自動停止しました。
  ・その後、調査のために再度タービンを起動したところ、発電機保護に関す
   る別の警報が発生したことにより、タービンが自動停止しました。なお、
   原子炉は停止しておりません。
(今後の対応)
  ・準備が整い次第、原子炉を手動停止し、原因を調査します。
(安全性、外部への影響)
  ・本事象による外部への放射能の影響はありません。
詳細は以下のとおりです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1.事象の発生状況
  平成20年6月5日より起動操作中の福島第一原子力発電所5号機(沸騰水型、
 定格出力78万4千キロワット)は、6月8日午前5時頃よりタービンを起動し、
 発電開始前に行う発電機に係る試験*1の準備を行っていたところ、午前8時
 57分頃、発電機保護に関する警報*2が発生し、タービンが自動停止しました。
              (平成20年6月8日お知らせ済み・公表区分III)

  その後、調査のために再度タービンを起動したところ、同日午後11時46分頃、
 発電機保護に関する別の警報*3が発生したことにより、タービンが自動停止
 しました。なお、原子炉は停止しておらず、異常は確認されておりません。
  また、同機で5月25日に発生した高圧注水系および原子炉隔離時冷却系の運
 転上の制限からの逸脱事象(平成20年6月4日お知らせ済み)との関係はあり
 ません。

2.今後の対応
  本件については、発電機に関する設備を詳細に調査する必要があるため、準
 備が整い次第、原子炉を手動停止し、警報が発生した原因について引き続き調
 査することとしました。

3.安全性、外部への影響
  本事象による外部への放射能の影響はありません。

                                 以 上

*1 発電機に係る試験
   今回の定期検査において、発電機の電圧を調整する装置および励磁装置(
  発電機内の回転子に流す電流を発生させるための装置)の取り替えを行って
  おり、その取り替え後の健全性を確認する試験。
*2 発電機保護に関する警報
   「発電機予熱保護トリップ」警報が発生した。発電開始前の発電機におけ
  る地絡(電源ケーブル等から漏電し、大地に電気が流れる事象)等が発生し
  た場合に発電機を保護するため、タービンを自動停止させる警報。
*3 発電機保護に関する別の警報
   「発電機地絡」警報が発生した。発電機における地絡が発生した場合に発
  電機を保護するため、タービンを自動停止させる警報。

添付資料
・添付図:事象発生概要図(PDF 15.9KB)

pdfデータをご覧になるにはAcrobatリーダーが必要です。 アクロバットリーダー


ページの先頭へ戻ります