• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > リリース・お知らせ一覧 > プレスリリース > 2013年 > 原子力安全監視室の設置について

プレスリリース 2013年

原子力安全監視室の設置について

平成25年5月15日
東京電力株式会社

 当社は、本日、取締役会直轄の内部規制組織である「原子力安全監視室」を新たに設置するとともに、室長にジョン・クロフツ(Dr. John Crofts)氏(元イギリス原子力公社 安全・保証担当役員)を特命役員として選任することを決定いたしました。
 なお、同氏は、就労に関する手続きが完了次第、着任する予定であり、それまでの間は、副室長である増田 尚宏[ますだ なおひろ]が室長を代行いたします。

 このたび設置する「原子力安全監視室」は、当社が取りまとめた「福島原子力事故の総括および原子力安全改革プラン」(平成25年3月29日公表)における、経営層への監視・支援強化策として、取締役会の原子力安全に関するリスク管理強化を行います。
 具体的には、国内外の原子力安全に関する最新の知見と経験を収集・分析するとともに、執行側から独立した第三者の立場から執行側の原子力事業の運営を評価し、取締役会に報告いたします。
 また、社長および原子力部門に対して、安全意識の浸透状況や業務プロセス、安全文化の醸成活動などに関する直接的な監視・助言を行います。

 当社は、福島原子力事故を決して忘れることなく、昨日よりも今日、今日よりも明日の安全レベルを高め、比類無き安全を創造し続けることを目指して、原子力安全改革を着実に推進してまいります。

以 上

参考

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウで開く


ページの先頭へ戻ります