2017年02月16日

 2017年2月16日
東京電力ホールディングス株式会社

 本日(2月16日)午前中に実施した定期パトロールにおいて、福島第一原子力発電所港湾内に係留しているメガフロートの9区画あるうちの北側1区画のバラスト水位※ が前回測定(2017年1月19日)した値より約40㎝上昇し、海水面と同じ高さにあることを当社社員が確認しました。

 前回測定(2015年9月19日)したバラスト水の分析結果は以下のとおりです。
 ・セシウム134:0.72 Bq/L
 ・セシウム137:1.99 Bq/L
 ・ストロンチウム:0.38 Bq/L
 ・トリチウム:106 Bq/L 

 メガフロート近傍の福島第一港湾内北側における海水核種分析結果について、前回パトロール(2017年1月19日)以降で有意な変動はありません。

 現在、当該区画のバラスト水を採取するため準備しております。

以 上

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. リリース・お知らせ一覧
  3. 報道関係各位一斉メール
  4. 報道関係各位一斉メール2017年一覧
  5. 福島第一原子力発電所メガフロート貯留水位の上昇について