2017年6月23日
東京電力ホールディングス株式会社

3つの合言葉
(1)「ひらく」
(2)「つくる」
(3)「やり遂げる」の3つを合言葉で経営改革にチャレンジ。

5つの宣言
(1)私たちは「主体性」をもって、福島事業をやり遂げる。

(2)私たちは、組織をひらき、信頼をつくる。
・「安全最優先」「地元本位」「顧客体験」を普遍的な道理とする企業文化に改める。

(3)私たちは、自分の力で事業を切りひらく。
・現地・現物経営に転換し、カイゼン活動を成長の源とする。

(4)私たちが「エネルギーの未来」をつくる。
・技術と知恵を結集し、お客さまや社会の期待を生み出していく。

(5)私たちが「稼ぐ力」をつくる。
・失敗を恐れず挑戦し、やり遂げるヒトを育てる。

3つのアクション
(1)「主体性と責任を明確化した原子力事業の組織の在り方」の検討

(2)「みらい経営」に向けた検討体制の整備

(3)サービスプラットフォームの再構築

以 上

記者会見の動画についてはこちらをご覧ください。

 

ページの先頭へ戻ります