• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > 福島復興へ向けた取り組み > 福島第一・第二原子力発電所の状況 > 福島第二原子力発電所構内でのモニタリングポスト計測状況

福島第二原子力発電所構内でのモニタリングポスト計測状況

福島第二原子力発電所構内のモニタリングポスト(MP-1~7)において測定している空気中の放射線量の測定結果をお知らせいたします。

 

計測地点

 

計測グラフ

 

  • 風向・風速は、気象観測計による排気筒頂部と同じ高さの測定値。
  • 風向・風速は、豪雨等により正確に測定できない場合があります。
  • 風速が0.5m/s未満の場合は、風向は「-」、風速は「CALM」と表記されます。

お知らせ

  • 2018年2月20日にモニタリングポストNo.1の点検を行うため、点検作業中は値が欠測します。
  • 当日分のデータ(00:00~23:50)については、翌日の00:10に「◆過去の計測結果(2012年10月17日以降)」へ掲載されます。
  • 設備の不具合および清掃・点検保守作業等により、データが欠測する場合があります。

◇天気と放射線の関係について
空気中の放射線量については、天気によって変動します。一般に、雨が降ると空気中の自然の放射性物質が地表に落とされ上昇します。一方、雨による水たまりや積雪ができると、大地からの放射線が水や雪によって遮られ低下します。


ページの先頭へ戻ります