• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > 福島復興へ向けた取り組み > 福島第一・第二原子力発電所の状況 > 福島第一原子力発電所事故の経過と教訓 > 福島第二原子力発電所はなぜ過酷事故を免れたのか

福島第二原子力発電所はなぜ過酷事故を免れたのか

福島第二原子力発電所の対応

福島第二原子力発電所は、福島第一原子力発電所と同様に地震・津波の被害を受けましたが、炉心損傷に至ることなく全号機の冷温停止を達成しました。その要因としては、地震・津波の後も外部電源等、交流電源設備が使用可能であり、原子炉を冷やすことができたことが挙げられます。

一方で、海水ポンプが津波によって損傷したため、原子炉からの除熱を行うことができなくなりました。

このため、原子炉隔離時冷却系や復水補給水系といった、海水ポンプのサポートを必要としない系統を活用するなど、臨機応変に圧力容器や格納容器内の冷却を進めました。その間に損傷していた海水ポンプのモーター交換や仮設ケーブルの敷設を行い、海水ポンプを復旧したことで除熱が可能になり、全号機を冷温停止とすることができました。

津波の集中的遡上の様子 水圧で破壊された扉 海水系ポンプモーターの交換作業の様子(後日撮影)

拡大して表示する新しいウィンドウで開く
津波による被害後(全体)福島第二原子力発電所2011年3月18日撮影

津波による被害後(全体)福島第二原子力発電所 2011年3月18日撮影

津波の集中的遡上により1、2号機が大きく浸水

福島第二原子力発電所は主要建屋設置エリアが海抜12mと高かったこと、また、襲来した津波が、福島第一原子力発電所に比べ低かったことが幸いし、福島第一原子力発電所より津波の被害は軽微だったものの、並んで設置された原子炉4機のうち、1号機は大きな被害を受けました。

これは、1号機の主要建屋エリア側を道路が通っており、この道路を津波が集中的に遡上したためでした。

ベントの準備を進めていた

福島第二原子力発電所では津波により1、2、4号機の除熱機能が失われました。注水して炉心を冷却していましたが、それによって発生する蒸気(熱)を逃がす先が無く、格納容器の圧力は徐々に上昇していきました。このため、各号機では格納容器ベントの準備を進めていましたが、並行して進めていた除熱機能の復旧に成功したため、ベントを実施することなく冷温停止を達成することができました。

福島第二原子力発電所の対応の流れ

福島第二原子力発電所の対応の流れ

拡大して表示する新しいウィンドウで開く

事故を免れたポイント(福島第二原子力発電所)

  • 地震と津波により大きな被害を受けたものの、外部電源等、交流電源設備が使用可能であり、一部の機器への電力供給は可能であった。
  • 海水ポンプ等の損傷により、冷却が必要な非常用の注水設備の殆どが使用不能となったが、除熱を必要としない常用の注水設備を臨機応変に活用し、原子炉の冷却を継続した。
  • 格納容器内に蒸気(熱)を溜めておける時間内に海水ポンプ等の復旧に成功した。このため、格納容器ベントで大気中に気体を放出する前に海水への除熱が可能となった。


ページの先頭へ戻ります