発電のしくみ

電気は発電機によってつくられます。発電機には、磁石とコイルが入っています。コイルの中で磁石を回すと、電気が発生します。
例えば、火力発電の場合、石炭・石油・液化天然ガスなどを燃やした熱で水を沸騰させて蒸気を作ります。その蒸気の力によって、タービンと呼ばれる大きな羽を回すことで、これにつながっている発電機を動かします。発電機の中のコイルと磁石によって電気を生み出すという仕組みになっています。

発電のしくみのイメージ図

発電のしくみの手順

ページの先頭へ戻ります