トップメッセージ

自然の恵みをエネルギーに、そして社会に

東京電力リニューアブルパワー株式会社は、東京電力ホールディングス株式会社の再生可能エネルギー事業を承継し、2020年4月、再生可能エネルギー専業会社として第一歩を踏み出しました。

再生可能エネルギー専業会社発足の背景には、世界的に脱炭素社会の実現に向けた取り組みが急速に拡大してきていることにあります。
東京電力グループは、これまで再生可能エネルギーの開発を進めてきており、これまで培ってきた技術・ノウハウを活かし、地球環境に貢献できると考えております。
また、世界的な脱炭素という大きな潮流の中、お客さまからもCO2フリー電気への関心は急速に高まってきています。例えば、事業運営に必要なエネルギーを再生可能エネルギーで100%まかなうことを目指す「RE100」加盟企業が増加しています。
このような流れをビジネスチャンスと捉えるとともに、再生可能エネルギーを通して、社会全体の脱炭素化と地域に根差した産業の発展に貢献し、サステナブルな「未来エネルギー社会」を創造する会社を目指します。

東京電力リニューアブルパワー株式会社は、水力発電や風力発電等において長年にわたり、計画から建設、O&Mまでの一貫したビジネスモデルを保有しています。設備容量は水力、風力、太陽光合計で約1,000万kWであり、国内では最大の設備量を維持してきた技術力があります。
世界的な脱炭素化の流れを大きなビジネスチャンスと捉え、高まるCO2フリーのニーズに応えながら、2030年台前半までには、国内外で600~700万kW程度の新規開発を目指し、再生可能エネルギーの「主力電源化」を推し進めていきます。

具体的な取り組みとしては、主力事業である国内水力事業では、中小経年水力のリパワリングをとおして、発電所の近代化、効率化を図ります。また、現在進めている運転制御拠点等の集中化やIT活用による設備保守診断の合理化を推し進めます。
加えて、今後、センシング、ビックデータ・アナリティクス、AIなどを活用したスマートO&Mといったデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組み、組織能力の強化や更なるビジネスモデルの変革に繋げていきます。

さらに、国内水力事業での経験、ノウハウを基に海外水力事業にも積極的に進出してまいります。2018年11月に第1号案件としてベトナムの水力発電所に出資参画しており、今後も開発ポテンシャルが高い国・地域において積極的に参画し、培った技術力を活かして出資参画した発電所のバリューアップを図り、海外においても経済的な再生可能エネルギーを普及させていきます。

洋上風力については、銚子沖で日本初の着床式洋上風力の実証試験及び実証機の商用化を通じて、周辺環境との調和や漁業との共生に配慮しながら、厳しい海象、気象の下での建設やO&Mを経験してきました。これらの知見を活かして、洋上風力の計画から建設、O&Mを一貫して手掛けていきます。
3月18日、洋上風力における海外トップ事業者であるデンマークのØrsted社と銚子沖洋上風力開発のための共同出資会社(銚子洋上ウインドファーム)を設立いたしました。まずは、この銚子沖での大規模ウィンドファームの実現に全力を尽くし、国内外での開発につなげていきます。

今後、約600~700万kW規模の開発を進めるための資金調達としては、グリーンボンドを始めとするサステナブルファイナンス、プロジェクトファイナンス、資産の流動化など柔軟な資金調達を実現していきます。

東京電力リニューアブルパワー株式会社は、自然の恵みを最大限に活用して安定的に低廉な電気をお届けすることで、国内外に再生可能エネルギーを普及させ、クリーンでサステナブルな脱炭素社会の実現に貢献していきます。

2020年4月
東京電力リニューアブルパワー株式会社
代表取締役社長 文挾 誠一

O&M:オペレーション&メンテナンスの略