会員ページ

法人のお客さま

ビジネスTEPCO

コチラ

他社からTEPCOへ切替のお申込み

他社からTEPCOへ切替のお申込み

重要なお知らせ

2022年8月2日

・昨今の世界的な資源価格の高騰を背景とした事業環境下において、お客さまに電力を安定的にお届けするよう取り組んでおります。しかしながら、ウクライナ情勢の影響により、国際燃料市場における供給不足が懸念されていることに伴い、燃料価格や電力市場価格がさらに上昇した結果、調達費用が増加しております。

・こうした状況を踏まえ、当社は、特に電力市場価格の影響が大きい「特別高圧・高圧」のお客さまを対象とした標準メニューの見直しを検討することといたしました。今後、2022年9月末までに、具体的な内容をお知らせする予定です。

・また、現在、他の小売事業者などから当社へのご契約の切り替えを希望されている「特別高圧・高圧」のお客さまに対して、市場連動型の料金メニューのみをご提案させていただく状況が続いておりますが、2023年4月以降の供給分を見直し後の標準メニューでご契約いただくことについて、上記内容を公表し2022年9月末までに協議再開予定です。

・なお、2023年3月までの供給ご希望分については、引き続き、市場連動型の料金メニューをご提案させていただきます。

・いずれの小売電気事業者とも電気需給契約が成立しない場合は、東京電力パワーグリッド株式会社からの電気最終保障供給約款による電気の供給にお申込みいただくことができます。ご希望の場合は、以下までご連絡ください。


  お問合せ先:東京電力パワーグリッド株式会社
  連絡先:03-4346-6060
  受付時間:9時から17時(土・日・祝・年末年始を除く)

重要なお知らせ

●電気料金に含まれる電力量料金は、燃料価格の変動に応じて、燃料費調整額を加算あるいは差し引きして計算します。

●燃料費調整額とは、貿易統計における原油価格や液化天然ガス価格などから算出される、その時々の平均燃料価格により毎月変動する調整額のことです。

●当社の新しい料金プラン(スタンダードプランや電化上手などの電気需給約款[低圧]にもとづく料金プラン)は、各エリアの従来の料金プラン(従量電灯などの特定小売供給約款等にもとづく料金プラン)と、通常、燃料費調整額が基本的に同水準になるように設定しておりますが、従来の料金プランには加算される変動幅に上限がある一方、当社の新しい料金プランにおいては上限がありませんので、燃料価格が高騰した場合には、当社の新しい料金プランの方が燃料費調整額が高くなる可能性があります。

●最近の世界的な燃料価格高騰の影響により、現在、燃料費調整額が、上記従来の料金プランにおける上限を超えているエリアがあり、また、今後の燃料価格の情勢も不透明な状況です。そのため、お客さまのご契約状況や電気のご使用量等によっては、燃料費調整額を考慮しない試算でおトクになる場合でも、当社の新しい料金プランのご加入によりおトクにならない場合があります。
当社の新しい料金プランにご加入いただく際には、当社の新しい料金プランや現在お使いの電力会社の料金体系を必ずご確認いただきますようお願いいたします。(従来の料金プランの他にも、燃料費調整額の上限を設定している他社料金プランもありますので、ご確認をお願いいたします。)

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 法人のお客さま