• 東京電力 公式Xアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします
  • 東京電力 公式LINEアカウントのご案内ページへリンクします

代表取締役社長 長﨑 桃子の写真

東京電力エナジーパートナーのミッションは、大きく2つと考えております。

一つ目は、お客さまと長くおつきあい頂ける電力サービスの提供です。
需給ひっ迫の不安がなく、価格変動の少ない電力サービスは、お客さまのビジネスの発展、くらしの安心に欠かせないことです。

そうした電力サービス実現のため、電源側・需要側の双方でアジリティを高めてまいります。
電源側では安定的な電源契約と市場調達の組み合わせによる電源ポートフォリオを、需要側ではディマンドレスポンスやバーチャルパワープラントによるロードカーブを、柔軟に最適化することで、量と価格の両面において安定的なサービスをお届けしていきます。

現在、首都圏のお客さまには電気のご契約先がなく、パワーグリッドの最終保障供給メニューに加入されているお客さまが多数いらっしゃいます。
東京電力エナジーパートナーでは、電力市場のスポット価格に応じて電気料金が決定するメニュー「市場ハイブリッドプラン」を継続的に受け付けております、このプランは、算定条件が同一の場合に、最終保障供給メニューの料金より安価になりますので、ホームページからお申込み下さい。

私たちはお客さまから決して逃げません。


二つ目はカーボンニュートラルです。
カーボンニュートラルを達成するために、東京電力グループとして再エネと原子力といったゼロエミ電源に取り組んでおりますが、同時に我が国全体がカーボンニュートラルを達成するためには、お客さま側のカーボンニュートラルを進める取り組みも重要です。

当社は、必要な電力を太陽光などで自ら作り、その電力を蓄電池などで貯めて、必要な時に必要なだけ使う、「エネルギーの地産地消」を進めます。

「エネルギーの地産地消」は、燃料価格・電力市場といった外部環境に影響されにくい新しい電力サービスの形です。
また、太陽光と蓄電池により再エネを最大限活用できるので、系統電力の消費量を持続的に減らすことができお客さまの省コストにつながり、結果して電力の安定供給にも有効です。


カーボンニュートラルという世界的潮流の中で、東京電力エナジーパートナーはその流れに水を差すのではなく棹を差す気持ちで、積極的に地産地消サービスをご提案してまいります。

東京電力エナジーパートナー株式会社
代表取締役社長
長﨑 桃子