再生可能エネルギーの変遷

現在、当社の発電設備の総出力は約990万kWです。これらは主に群馬県・栃木県を中心とした利根川水系、長野県・新潟県にまたがる信濃川水系、猪苗代湖を中心とした阿賀野川水系、山梨県の相模川・富士川水系などの水力発電所となります。

最初に水力発電を始めたのは、明治40年。その後昭和20年代までは、水力発電が日本の発電方式の主流となり、水力がベースロードを担い、火力がピーク時の不足をカバーするという“水主火従”が長い間の基本的な形となりました。(昭和26年当時、水力・火力比約8:2)。

しかし、昭和30年から40年にかけて、急増する電力需要をまかなうため、水力発電所より建設費が安く、また比較的短期間に出力の大きいものを建設できる火力発電所が次々に建設されました。

昭和34年には、発電の主体は水力から火力に移りましたが(“火主水従”)、自然エネルギーを利用する水力発電は、発電時にCO2を排出しないクリーンなエネルギーとして重要な役割を果たしています。

また、東京五輪の翌年である昭和40年(1965年)、当社初の揚水式発電所「八木沢発電所」が運転を開始し、その後、8地点の揚水式発電所(9地点768万kW)を建設しました。
最大需要の変化に瞬時に対応することにより、電力の需給バランスを調整するうえで、電力の安定供給において重要な役割を担ってきました。加えて、出力が不安定な再生可能エネルギーが増加してきた現在、揚水式発電所での需給調整が不可欠となっております。

そんな再生可能エネルギーの開発を始めたのは1999年、東京都八丈島で出力3,300kWの地熱発電所が運転を開始し、翌2000年には同じ八丈島で出力500kWの風力発電所が運転を開始しました。(現在、両発電所は廃止)
現在は、神奈川県と山梨県で合計最大出力3万kWとなる3地点の太陽光発電所とともに、静岡県で11基の風車が連なる合計最大出力1,8万kWのウィンドファームを運転しており、2019年には、千葉県で日本初となる沖合での着床式洋上風力発電所の商用運転を開始しました。

今後、国内外で600〜700万kWの総開発規模を目標とした再生可能エネルギー発電事業の拡大を目指してまいります。