• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

廃炉プロジェクト > 地震発生と事故

地震発生と事故

地震発生と事故

概要

2011年3月11日14時46分、三陸沖の海底を中心にマグニチュード9.0の大地震が発生、約50分後にはかつてない規模の大津波が襲来しました。
地震により発電所の全ての外部電源を失いましたが、非常用電源により原子炉の冷却に成功。運転中であった1~3号機は設計通り安全に停止しました。
しかし、津波による浸水のため非常用電源を失い冷却用機器が運転不能となったことで、1~3号機は圧力容器内の水が蒸発しました。
水面から露出した燃料棒と水蒸気の化学反応により発生した水素が原子炉建屋に蓄積し、1号機と3号機は爆発、4号機は3号機格納容器内の空気を外部に排出した際に排気筒合流部から流入した水素が蓄積され、爆発に至ったものと推定しています。

経緯をまとめた冊子:
福島第一原子力発電所事故の経過と教訓PDF
その他関連情報:
柏崎刈羽原子力発電所の安全対策[設備対策編]企業サイトへ

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。
Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウで開く



ページの先頭へ戻ります