安全・安心な廃炉に向けて

福島第一原子力発電所事故の発生以来、時間的・作業環境的・技術的な制約を抱えた応急的対応を行ってきましたが、これを抜本的に改め、長期の廃炉作業に対応した恒久的かつ持続可能な設備形成と運営を行ってまいります。とくに今後は、燃料デブリの取り出し等、廃炉の本格化に向けて未踏領域の課題に挑戦する段階に入っていきます。社をあげてコミットメントを強化し、大方針を定める国、技術戦略を策定する原子力損害賠償・廃炉等支援機構と協力しつつ、原子力事業者をはじめ意欲ある企業群、研究機関や大学等との連携を強化することで、「総力結集体制」を構築し、意欲的かつ現実的な廃炉・復興を進めていきます。

ページの先頭へ戻ります