福島第一原子力発電所における廃炉・汚染水対策に関して、責任と権限の明確化や、意思決定の迅速化などをさらに進めるため、「福島第一廃炉推進カンパニー」を設置して廃炉作業に取り組んでいます。

福島第一廃炉推進カンパニーの概要

福島第一廃炉推進カンパニーは、廃炉・汚染水対策の責任と権限の明確化や、意思決定の迅速化などをさらに進めるため、2014年4月に設立しました。
その後、汚染水対策や廃止措置に係わる業務の進展や、当社の経営環境の急激な変化を踏まえ、2017年11月に組織の見直しを行いました。

カンパニープレジデントからのご挨拶

  • 福島第一原子力発電所の廃炉作業に責任をもって全力で取り組んでまいります。

    今後、30年から40年続く廃炉作業ですが、作業に携わる全ての方々の安全を守り、働きやすい環境を整えること、地元の方々の帰還にあたり、福島第一原子力発電所を安定させ、社会の皆さまの安全・安心を確保することが、私の重要な使命であるとしっかりと胸にきざみ、責任を持って福島の復興に全力で取り組んでまいります。

    福島第一廃炉推進カンパニー
    プレジデント 小野 明

VP(Vice President)

ページの先頭へ戻ります