INSIDE FUKUSHIMA DAIICHI




音声をONにしてご覧ください。
大量の通信が発生するため、
Wi-Fi環境下でご覧になることを推奨します。

LOADING...

Start

TEPCO

© Tokyo Electric Power Company Holdings, Inc.

360°画面をスワイプして360°ご覧ください。

360°

この付近の放射線量

μSv/h

i

ここはどういう場所?

汚染水に含まれる放射性物質を取り除く浄化装置です。
汚染水を特殊なフィルターに通して、62種類の放射性物質を低減させることができます。
汚染水を浄化処理した「処理水*」について詳しくはこちらをご覧ください

「多核種除去設備等の処理水」の表記について
トリチウムを除き告示濃度比総和1未満の処理水は「多核種除去設備等の処理水」又は「処理水」
十分に処理していない処理水は「多核種除去設備等の処理水(告示比総和1以上)」
2つを併せて示す場合は「処理水*」と表記しています。

トリチウムとは?

トリチウム(三重水素)は、大気中の水蒸気や海などにも存在するエネルギーの小さな放射性物質です。
水素と同じ性質で水そのものとしてタンク内に存在しています。
そのため、トリチウムだけを取り除くことが困難です。

ここではどのような格好で作業するの?

汚染水を扱うため、ここでは防護服と全面マスク(Yゾーン装備)で作業します。

1日にどれくらいの汚染水を処理できるの?

すべての多核種除去設備を使用した場合、
1日あたり最大で約2,000トンの汚染水を浄化処理できます。

多核種除去設備以外にどんな処理を行っているの?

多核種除去設備に通す前に、まずは、セシウム吸着装置で、
汚染水に含まれる放射性物質の大部分を占めるセシウムとストロンチウムを取り除きます。
その後、淡水化装置を通して塩分を分離し、一部は多核種除去設備に通さず、
燃料デブリを冷やす冷却水として再利用します。

マップを見るView Map

Guide navi