• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

廃炉プロジェクト > 実施作業と計画 > 原子炉の安定化

原子炉の安定化

原子炉は継続的な注水冷却により、低温での安定状態を維持しています。その他、温度、水素濃度、窒素封入量、格納容器放射能濃度などのパラメータ監視を継続しています。

循環ループ縮小化工事について

 汚染水の漏えいリスクを低減するため、汚染水の移送、水処理、原子炉注水を行う循環ループのうち、淡水化(RO)装置を4号機タービン建屋に設置し、2016年10月7日より運転を開始しました。
 これにより、循環ループの屋外移送配管は、約3kmから約0.8kmに縮小し、屋外移送配管からの汚染水の漏えいリスクが低減しました。



ページの先頭へ戻ります