避難するときは、電気の消し忘れによる事故を防ぐために、分電盤のブレーカーのつまみを下げてください。
切れてたれ下がっている電線には、絶対に触らないでください。

1.地震が発生したら

使用中の器具はスイッチ切って、プラグを抜いて!
地震が起きたら火事の危険があります。
グラッときたら使用中の電気製品のスイッチは必ず切りましょう。

水に浸かった器具は使わないで!
一度水に浸かった屋内配線や電気製品は漏電などの原因となります。
危険ですから使用しないでください。

2.家の外に避難するときは

避難するときはブレーカーを切って!
避難するときには、電気の消し忘れによる事故を防ぐために、分電盤のブレーカーのつまみを下げてください。
分電盤の位置はご存じですか?
日頃から分電盤がどこにあるか確認しておきましょう。
また、分電盤の付近には物を置かないようにしましょう。

災害時、エレベーターには乗らないで!
建物から避難するときはエレベーターは使わないようにしましょう。

切れた電線には触らないで!
切れてたれ下がっている電線には、絶対に手を触れないでください。
電線に樹木や看板、アンテナなどが接触している場合もたいへん危険です。
見つけたときは、すぐにお近くの 東京電力パワーグリッド へご連絡ください。

関連リンク

でんきガイド

電気のご利用に関する基本情報や安全な使い方などをご紹介します。

カスタマーセンター検索

電気のご契約や電気料金に関するお問い合わせは、カスタマーセンターでお受けしています。

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 災害にそなえて
  3. 地震が起きたときは?