文字サイズ
小
中
大

印刷

Language


トップページ > 福島復興へ向けた取り組み > 福島第一・第二原子力発電所の状況 > 東京電力からのお知らせ

東京電力からのお知らせ

新聞、テレビ、インターネットなどで取り上げられている話題について、東京電力から解説いたします。

2014年8月27日 「廃炉」とは何か?今向き合っている課題は何か?などをまとめた「廃炉の取り組みに関するQ&A」をご紹介しています。PDF
2014年5月21日 地下水バイパスの取り組みについて ※本資料は、2014年7月25日に新設した「地下水バイパス専用ページ」にて更新してご紹介しています。
2014年4月15日 地下水バイパスに関するご質問
2014年3月28日 地下水バイパスの取り組みについて~汚染水を増やさないために~ ※本資料は2014年5月21日「地下水バイパスの取り組みについて」に更新しました。
2013年11月25日 福島第一原子力発電所4号機燃料取り出しに関するご質問
2013年8月26日 福島第一原子力発電所の現状と今後の対応について(2013年8月26日時点) (PDF 1.03MB)PDF
2012年9月6日 平成23年3月16日以降のテレビ会議録画映像の公開方針について
2012年6月29日 4号機原子炉建屋の耐震性が十分であることを再度確認しました
2012年5月30日 4号機使用済燃料プールは、構造的に水が漏えいしないものになっています
2012年5月25日 1/2/3号機の格納容器底部には水が溜まっており、格納容器内部が十分冷却されています
2012年5月16日 平成18年に保安院から津波による全電源喪失のリスクを伝えられ、必要な対策をとらなかったという事実はありません
2012年5月2日 1号機非常用復水器は、手順書にしたがって適切に操作されていました
2012年4月26日 4号機原子炉建屋は傾いておらず、燃料プールを含め地震で壊れることはありません
2012年4月17日 今回の津波は、それまでの知見では想定できない大規模なものでした
2012年4月5日 再び東北地方太平洋沖地震と同程度の規模の地震が起こっても、原子炉建屋が崩れることはありません
2012年4月5日 2号機格納容器内には約60cmの水位があり、格納容器内は十分冷却されていることが確認できました
2012年3月1日 東京電力が全面撤退を申し出たことはありません
2012年2月16日 2号機圧力容器底部の温度上昇の原因は温度計の故障、引き続き冷温停止状態を維持
2012年2月13日 4号機使用済燃料プールの冷却は十分