当社関連報道

2018年11月19日
東京電力パワーグリッド株式会社

 報道において、東光東芝メーターシステムズが製造したスマートメーター(電力量計)の不具合による機器内部の発火について取り上げられております。
 お客さまにおかれましては、ご心配をおかけし申し訳ございません。

 お客さま宅に設置させていただいているスマートメーター内部の基板部分が発熱することによる焦げ跡や異音等の不具合が発生する可能性があることが判明したことから、当社は、お客さまに引き続き安心してご使用いただくために、スマートメーターの取替工事を順次実施しております。

 現時点で、スマートメーターを約1,900万台設置しておりますが、今回の不具合の対象は約2.4万台、このうち約8,000台(このうち焦げ跡:16台、異音:約200台)の取替工事が完了しております。
 スマートメーターの各種部品には難燃性の部材を使用しており、お客さま施設に影響を与える可能性は極めて低いと考えていますが、対象となるお客さまには、本年12月中旬までにダイレクトメールでお知らせのうえ、2019年3月までに対象となる機器全数のお取替えを予定しております。
 今後、できる限り工事の前倒しを実施してまいります。

 対象のお客さまには、ご心配とお手数をおかけ致しますが、取替工事に何卒、ご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

対象製品:東光東芝メーターシステムズ社製の電力量計(スマートメーター)
 対象製品製造期間:2015年4月~2015年11月
 対象機器の型式:S43WS-TA

 また、異音などご使用中のスマートメーターから異常を感じた場合には、速やかに以下の当社カスタマーセンターまでご連絡下さい。

【お客さまのお問い合わせ先】
0120-995-007(カスタマーセンター)

11月26日16時、下線部追記

別紙

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 企業情報
  3. プレスリリース・お知らせ一覧
  4. お知らせ
  5. お知らせ2018年一覧
  6. スマートメーターの一部不具合に係る報道について(11月26日16時追記)