電力系統監視制御システムおよびその周辺技術の海外事業展開に向けた業務提携について

2017年4月5日
東京電力パワーグリッド株式会社
株式会社東芝
マカフィー株式会社
株式会社NTTデータ
株式会社東光高岳
日本工営株式会社

 東京電力パワーグリッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:武部 俊郎、以下、「東電PG」)、株式会社東芝(本社:東京都港区、代表執行役社長:綱川 智)、マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修)、株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本 敏男)、株式会社東光高岳(本社:東京都江東区、代表取締役社長:高津 浩明)および日本工営株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:有元 龍一)の6社は、本日、電力系統監視制御システムおよびその周辺技術※1の海外事業展開に関して戦略的な提携(以下、「本提携」)を合意いたしました。
 6社は、本年4月より、東南アジアやアフリカなどにおいて、サービス提供先選定に向けた市場調査を開始し、将来的には「総合的なO&M(Operation and Maintenance)事業※2」を展開していきます。

 これまで、東電PGが保有する電力系統監視制御システムおよびシステムセキュリティやシステムの保守・メンテナンスなどの周辺技術は、1社またはプロジェクトごとに複数社が協業して海外販売を進めていました。本提携により、顧客ニーズに合わせて各社の持つ技術をパッケージにして組み合わせることで、幅広いサービスの提供が可能となります。

 東電PGは、高品質な電力を供給する技術を有した企業として、業務提携各社と積極的に海外事業展開し、事業領域拡大によるさらなる競争力強化・企業価値向上に取り組むとともに、世界のインフラ整備といった社会的課題の解決に貢献していきます。

 株式会社東芝は、電力系統監視制御システムにおいて国内トップクラスの納入実績があり、これまでに蓄積した技術および豊富な関連資産を活用し、付加価値の高いシステムを海外においても提供することで、グローバルにおける高品質なインフラ整備に貢献していきます。

 マカフィー株式会社は、世界最大級の独立系サイバーセキュリティ企業として、よりスマートなビジネスを可能にする包括的なサイバーセキュリティ環境のためのソリューションを提供しています。ワールドワイドでの重要社会インフラへのサイバーセキュリティ対策の知見と経験を活かし、本提携による事業展開の中で海外での事業領域拡大を推進していきます。

 株式会社NTTデータは、お客さまのビジネス変革をサポートするIT企業として、グローバルな視野と、それぞれの地域、各国のお客さまのニーズに合わせた先進的なネットワークやクラウド等のIT利活用により、東電PGの海外事業展開を支援していきます。

 株式会社東光高岳は、電力流通システムを一貫してカバーする製品とサービスを提供する企業として、本業務提携による事業展開のなかで情報伝送装置や送配電設備の販売・保守などの役割を担い、海外での事業領域拡大を推進していきます。

 日本工営株式会社は、国内外の電源開発や電力需要を支えるための事業を推進しています。今回の業務提携においては、これまで国内市場で培ってきた高度な監視制御技術を軸に、特に送配電設備の展開における開発・運用・保守技術の提供が可能です。業務提携各社と連携し、海外事業展開に取り組んでいきます。

以 上

※1 周辺技術

  • セイバーセキュリティ対策や情報通信ネットワーク、送変電設備・装置等の開発・保守・運用などに関する技術

※2 O&M(Operation and Maintenance)事業

  • 送配電設備等の運転管理業務、維持管理業務を行うこと

◯各社の提供するサービスの内容
各社の提供するサービスの内容

◯添付資料

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 企業情報
  3. プレスリリース・お知らせ一覧
  4. プレスリリース
  5. プレスリリース2017年一覧
  6. 電力系統監視制御システムおよびその周辺技術の海外事業展開に向けた業務提携について