2018年12月21日
東京電力パワーグリッド株式会社

 このたび東京電力パワーグリッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子禎則、以下「当社」)は、東京都(東京都知事:小池百合子)、小笠原村(小笠原村長:森下一男)と小笠原村母島における再生可能エネルギー100%電力供給に向けた協定を締結しました。

 東京都が目指すゼロエミッションアイランドの実現、および小笠原村が目指す自然と調和したサステイナブルアイランドの実現に向けた取組の一環として、東京都と小笠原村と当社で連携して実施するものです。

 3者は連携し、母島に太陽光パネルと蓄電池等(以下、「再エネ発電設備等」)を設置し、1年のうち半年程度を視野に太陽光発電のみでの電力供給を実施するとともに、更なる再生可能エネルギーの拡大を目指していきます。

 再エネ発電設備等の設置場所は、世界自然遺産区域外の圃場跡などの都有地・村有地等を候補とし、自然環境調査や小笠原の自然環境の専門家の意見等を踏まえて希少な動植物等に影響を及ぼすことがないよう、景観にも配慮しながら慎重に検討を進めてまいります。

 今後、2019年1月から自然環境調査を開始し、2022年度末から運用検証を開始する予定です。

 当社は、引き続き電力の安定供給に努めるとともに、最先端技術を活用し、持続可能な社会に貢献する送配電ネットワーク事業者を目指し、再生可能エネルギーの導入拡大に努めてまいります。

以 上

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 企業情報
  3. プレスリリース・お知らせ一覧
  4. プレスリリース
  5. プレスリリース2018年一覧
  6. 母島における再生可能エネルギー100%電力供給に向けた協定締結について