2019年2月19日
株式会社JERA
東京電力パワーグリッド株式会社

 株式会社JERA(以下「JERA」)と東京電力パワーグリッド株式会社(以下「東電PG」)は、このたび、英国の蓄電池事業者であるゼノベ社に対し、最大2,500万ポンドを、最長2年間にわたり出資することに合意いたしました。

 ゼノベ社は、主に英国で、ナショナルグリッド社※1向けのIn Front of the Meter事業(IFM事業)※2を中心に、Behind the Meter事業(BTM事業)※3への参画を目指す蓄電池事業者です。同社は、2016年の会社設立以降、IFM事業における蓄電池の導入を急速に拡大させており、運転中の蓄電池を約73,000kW保有しています。これは、英国の同事業における蓄電池の容量として第4位の水準です。

 英国は、2020年までに再生可能エネルギーの導入比率を30%にすることを掲げており、日本と同様に、再生可能エネルギーが電力系統に与える影響が拡大しつつあります。

 今回の参画を通じて、JERAは蓄電池を用いた需給変動への対応についてノウハウを蓄積し、また蓄電池を国内火力発電所敷地内に設置し火力発電所の運転の効率化を検証するなどの取り組みを進めてまいります。

 東電PGは、蓄電池関連ビジネスの市場拡大で先行する英国における成長著しいゼノベ社への出資参画を通じて、アンシラリーサービスを含む多様な蓄電池ソリューションの提案力を高め、国内外における新規事業領域の開拓と拡大を加速してまいります。

 JERAと東電PGは、ゼノベ社の株主として、これまでに培ってきた発電事業者および送配電事業者としての経験を活用し同社の企業価値向上に寄与していくと同時に、既に整備されている様々なアンシラリーサービス市場など、英国電力事業から得られるノウハウを国内発電・送配電事業に還元することを目指してまいります。

 また、JERAと東電PGは、引き続き、それぞれが培ってきた海外・国内事業経験のシナジーが期待できる分野において、さらなる共同事業の可能性について検討してまいります。

※1 英国に本社を置く、送電およびガス供給会社。英国イングランドおよびウェールズ、米国北東部を事業対象地域とする。
※2 発電や送電等の電力事業者側に設置された蓄電池を活用した事業。
※3 電力の需要家側に設置される蓄電池を活用した事業。

別紙

以 上

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります