「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」(通称「FIT法」)が改正され、本年4月より新制度に移行します。これにあわせて、お手続き方法を変更させていただきます。

制度の変更点について

1.買取義務者が変更となります

再生可能エネルギーの買取義務者が、小売電気事業者から送配電事業者に変更となります。
ただし、2017年3月31日までに契約締結されている案件は、4月以降もご契約されている小売電気事業者が引き続いて買い取りを行うこととなります。

2.認定制度が見直されます

認定を取得いただくタイミングが、接続契約締結後に変更となります。
買取価格の決定時期も、「認定の取得日」となります。
なお、「設備認定」は、新制度において、「事業計画認定」に変更となります。

接続契約と特定契約を合わせて、受給契約となります。

3.運転開始期限が設定されます

認定日を起算日として、一定の合理的期間内に運転を開始しない場合、買取期間の短縮や認定失効の対象となります。

期間 合理的期間経過後
事業用太陽光(10kW以上) 3年 買取期間の短縮
家庭用太陽光(10kW未満) 1年 認定失効

2016年8月1日以降に接続契約を締結した場合、運転開始期限設定の対象となります。

4.接続契約締結期限が設定されます

新認定制度では、既に認定を受けている発電者さまも、2017年3月31日までに電力会社との接続契約が締結できない場合には、原則認定が失効いたします。

電力会社との接続契約に時間がかかる場合等、猶予期間が設定され、その期間内に接続契約を締結すれば、新認定制度による認定を受けたものとみなされます。

概要 内容 猶予期間
認定から施行日までに十分な期間(9か月)を確保できない場合 2016年7月1日以降に認定取得し、2017年3月31日までに接続契約を締結できない場合でも、認定取得から9か月以内に接続契約を締結すれば、新認定制度による認定を受けたとみなされます。 認定取得から9か月
系統入札プロセスにより施行日までに十分な期間を確保できない場合 2017年3月31日までに接続契約を締結していない場合でも、系統入札プロセス終了から6か月以内に接続契約を締結する案件は、新認定制度により認定を受けたとみなされます。 プロセス終了から6か月

改正FIT法についての詳細は、資源エネルギー庁ウェブサイトでご確認ください。

ページの先頭へ戻ります