原料費調整制度について

原料費調整制度とは

ガスの原料(LNG〔液化天然ガス〕・LPG〔液化石油ガス〕)の価格変動をガス料金に迅速に反映させるため、その変動に応じて、毎月自動的にガス料金を調整する制度です。

原料費調整制度とは

  • LNG・LPGそれぞれの3か月間の貿易統計価格にもとづき、毎月平均原料価格を算定します。
  • 算定された平均原料価格(実績)と、基準原料価格との比較による差分にもとづき、原料費調整単価を算定し、ガス料金に反映します。

原料価格の算定期間と
ガス料金への反映時期

原料価格の算定期間と
ガス料金への反映時期

各月の原料費調整単価に使用量を乗じて算定します。原料価格が上昇した場合は原料費調整額を加算し、原料価格が低下した場合は原料費調整額を差し引き、ガス料金を算定します。

調整単価の算定方法

平均原料価格を算定

原料であるLNGとLPGの平均原料価格を算定します。

※10円未満は四捨五入します。

平均原料価格の
変動額を算定

平均原料価格と基準となる原料価格(基準原料価格)との変動額を算定します。平均原料価格が基準原料価格を上回る場合はプラス調整を、下回る場合はマイナス調整を行います。

原料費調整単価を算定

プラス調整:
平均原料価格が57,250円を上回った場合

マイナス調整:
平均原料価格が57,250円を下回った場合

※原料費調整単価の単位は、1銭とし、その端数は、プラス調整の場合は切り捨て、マイナス調整の場合は切り上げます。

各種係数

  • LNG構成比率
    0.9479
  • LPG構成比率
    0.0546
  • 基準原料価格
    57,250円/トン
  • 基準単価
    0.081円/m3
※変動額 100円につき

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. おトクなガス料金プラン
  3. 原料費調整制度について