都市ガス売買に関する基本契約の締結について
~2017年4月からのガス全面自由化を見据え、戦略的アライアンス協議も開始~

2016年5月9日
日本瓦斯株式会社
東京電力エナジーパートナー株式会社

 日本瓦斯株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田眞治、以下「ニチガス」)と東京電力エナジーパートナー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小早川智明、以下「東電EP」)は、本日、ニチガスおよびニチガスグループ3社(東彩ガス株式会社、東日本ガス株式会社、北日本ガス株式会社)が販売する都市ガス(13A)の全量(LNG換算約24万トン/年)について、2017年4月以降、東電EPから卸供給を受ける基本契約を締結いたしました。

 ニチガスは、本契約を通じて、約30万世帯のお客さまに対し、利便性をより高めた都市ガスの供給を目指してまいります。また、ガス全面自由化後の2017年度において、新たに11万世帯のお客さまに、ニチガスグループが供給する都市ガスをお選びいただけるよう検討を進めてまいります。

 東電EPは、東京電力グループによる国内最大級のLNG調達量(2015年度:約2,300万トン)や東京湾内に整備されているガス導管を強みに、今後とも安定的に都市ガスをお届けしてまいります。さらに、電気事業で培った技術力、ノウハウを駆使し、新たなセットメニューや付加価値サービスをご提供し、当社のガスをご利用いただくお客さまに多くのメリットを感じていただけるよう積極果敢に挑戦してまいります。

 両社は、エネルギーの大競争時代に勝ち抜いていくため、2015年10月5日に電力・ガスのセット販売に関する業務提携契約を締結し、新たな付加価値サービスの共同開発などに取り組んでまいりました。
 今後は、ガス全面自由化を見据え、都市ガス販売における戦略的アライアンス協議も進め、両社の電力・ガス販売ノウハウを融合させた新たなサービス開発にも取り組んでまいります。

以 上

参考

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. プレスリリース・お知らせ
  3. プレスリリース
  4. プレスリリース2016年一覧
  5. 都市ガス売買に関する基本契約の締結について
    ~2017年4月からのガス全面自由化を見据え、戦略的アライアンス協議も開始~