2016年5月13日
東京電力パワーグリッド株式会社
東京電力エナジーパートナー株式会社

 東京電力パワーグリッド株式会社および東京電力エナジーパートナー株式会社は、このたび、2016年度夏期の電力需給見通しを取りまとめましたのでお知らせいたします。

 電力需要については、お客さまにご協力いただいております節電の効果等を踏まえ、今夏において需要が高まると予想している7、8月において、平年並みの気温の場合では4,570万kW、2015年度並みの猛暑の場合では4,810万kWになると見通しております。
 これに対して供給力は、猛暑の場合でも7月で5,119万kW、8月で5,201万kWを確保できる見込みです。
 これにより、2015年度並みの猛暑の場合においても、予備率が最も厳しい7月の予備力は309万kW、予備率は6.4%となり、安定供給を確保できるものと考えております。

 東京電力グループは、引き続き、お客さまに電気を安定的にお届けし、安心してお使いいただくことに努めてまいります。また、東京電力エナジーパートナー株式会社としては、トータルエネルギーソリューションや省エネルギー技術の活用など、お客さまにとって最も効率的なエネルギー利用を提案してまいります。

以 上

今夏の電力需給見通し内訳 (149KB)

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります