ソニーモバイルと東京電力エナジーパートナー、スマートホーム分野でのIoTを活用したサービスに関し業務提携の検討を開始する基本合意書を締結

2016年8月23日
ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社
東京電力エナジーパートナー株式会社

 本日、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長兼CEO:十時裕樹、以下、ソニーモバイル)と東京電力エナジーパートナー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小早川智明、以下、東京電力EP)は、スマートホーム※1分野において、IoT※2を活用したサービスの開発と提供に向けた業務提携の検討を開始する基本合意書を締結いたしました。

 ソニーモバイルは、双方向のコミュニケーションを可能にする商品や通信技術、わかりやすいユーザーインタフェース※3のデザインおよびサービス・ソリューション構築のノウハウを有しており、東京電力EPは、顧客基盤およびHEMS※4を含む電気使用に関する技術やノウハウを有しております。
 両社は、今回の基本合意書締結を通じて、これらを組み合わせることで、利用者のライフスタイルに合わせたサービスの企画・開発を行い、フィールドトライアル等の検証、業務提携の契約締結を経て、来年以降、IoTを活用したサービスの開始を目指します。

 ソニーモバイルは、IoT分野での新規事業の創出に向けた取り組みを加速しています。本事業も、その一環として、ソニーの技術力に裏打ちされた機器とソリューションを組み合わせたサービスを構築し、リカーリング型の事業として展開、お客さまに新しい価値を提案することを目指します。

 東京電力EPは総合エネルギーサービス企業として、IoT等を活用しながら、快適で安心な暮らしやビジネスを支える商品・サービスをお届けするとともに、社会の多様なニーズにお応えする新しい価値の創造に挑戦し続けてまいります。

以 上


※1 スマートホーム
 機器やセンサーをネットワークに繋ぎ機器間の連携を行うことで、照明や空調、セキュリティの制御を行い、実現する快適な住環境。
※2 IoT(Internet of Things)
 コンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、世の中に存在する様々な「モノ(物)」をインターネットに接続したり相互に通信させることにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うこと。
※3 ユーザーインタフェース
 提供サービスにおいて、ユーザーとサービスの接点になる主にアプリ操作画面。
※4 HEMS(Home Energy Management System)
 家庭内のエネルギー利用状況を把握し、エネルギーの有効活用を簡単に行うためのシステム。

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. プレスリリース・お知らせ
  3. プレスリリース
  4. プレスリリース2016年一覧
  5. ソニーモバイルと東京電力エナジーパートナー、スマートホーム分野でのIoTを活用したサービスに関し業務提携の検討を開始する基本合意書を締結