2016年11月17日
東京電力エナジーパートナー株式会社

 本日、当社は電力・ガス取引監視等委員会から「閾値を用いた売り入札価格の設定について(業務改善勧告)」を受領しました。

 当社としては、卸電力取引市場における相場操縦の意図は一切ありませんでしたが、このたびの勧告内容に対しては適切に対応してまいります。
 なお、本年4月より休日・夜間の売り入札における下限の価格(閾値(しきいち))を自主的に撤廃し、10月には平日昼間も含め全面的に撤廃しております。

 当社は、引き続き、卸電力取引市場の活性化に資するべく誠実に取り組んでまいります。


(電力・ガス取引監視等委員会からの勧告内容)
(1)閾値を用いた売り入札価格の設定を今後行わないこと。

(2)(1)を貴社の内部において周知徹底するとともに、(1)を遵守するために必要かつ適切な社内体制を整備すること。

(3)(2)の実施のためにとった貴社の内部における具体的な措置について、平成28年12月16日までに、当委員会に対し、報告を行うこと。

以 上

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. プレスリリース・お知らせ
  3. プレスリリース
  4. プレスリリース2016年一覧
  5. 電力・ガス取引監視等委員会からの業務改善勧告への対応について