• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

電気料金・各種お手続きへ
電気のご利用Q&Aトップ
こんなことで困ったら
question
電気がつかないときは?
ブレーカーがたびたび切れたら?
引っ越しするんだけど電気の周波数は変わる?
周波数が変わると電気製品が使えない?
電気製品には50Hzか60Hz、あるいは50/60Hzと表示されています。
50/60Hzの表示があるものは、全国どの地区でも使えますが、単独表示のものは、その地区でしか使えません。
例えば、50ヘルツの電気式タイマーを60ヘルツの地区で使うと、60分にセットしたものが50分で切れたりします。周波数の違う器具をそのまま使うと正常に働かないばかりか、故障してしまうこともあるので注意しましょう。とくに、モーターを利用する製品が該当します。

■そのまま使える

 電熱を利用する器具

●電気炊飯器
●トースター
●コンロ
●こたつ
●電気毛布
●ストーブ
●アイロン
●白熱電球など

 電波を利用する器具

●テレビ
●ラジオなど

■そのまま使えるが能力が変わる

モーターを利用する電気製品

●掃除機
●ジューサー
●ミキサー
●インバータエアコンなど、50/60Hzと表示してあるものはそのまま使えます。

●扇風機
●冷蔵庫
●換気扇などは、回転数や消費電力が2割ぐらい変わります。

■そのままでは使えない

モーターを利用する電気製品
●洗濯機
●衣類乾燥機などの一部の機種は、ベルトおよび関連部品の交換や、タイマー、タイマーの目盛板の交換が必要です。

●テープレコーダー、ステレオの一部など、50Hzあるいは60Hzと表示しているものは、部品の交換が必要です。

 蛍光灯
 水銀灯

安定器の交換が必要です。
ただし、インバーター式の蛍光灯はそのまま使えます。

 電気時計
周波数切替スイッチ付きのもの以外は買い替えが必要です。

 電子レンジ
高圧トランス、高圧コンデンサー、タイマーの交換が必要ですが、新しい商品の中にはどちらにもつかえるものもあります。

同じ電気製品でも種類によってそのまま使えるものもあります。くわしくは、電器店にご相談ください。

ページの先頭へ戻ります