2017年10月2日
東京電力パワーグリッド株式会社

 当社は、当社サービスエリアにおける常時の周波数制御・需給バランス調整および10年に1回程度の厳気象発生時の稀頻度な需給ひっ迫対応を実施するための電源の確保を目的として、電力広域的運営推進機関が取りまとめた「2018年度(平成30年度)向け調整力の公募にかかる必要量等の考え方について」等に基づき、2018年度に活用する調整力電源等を募集することといたしました。

 このたび募集する調整力電源は以下の6つです。

(1)電源I周波数調整力
【募集方法】競争入札による調達を実施
【募集規模】常時の周波数制御および需給バランス調整に用いるため、当社があらかじめ確保する320万kW
【募集条件】当社があらかじめ確保する、専用線オンライン(簡易指令システムを用いるものを除く)で調整できる設備等(常時の周波数制御および需給バランス調整に用いるため、周波数調整機能の具備が必須)

(2)電源I需給バランス調整力
【募集方法】競争入札による調達を実施
【募集規模】常時の需給バランス調整に用いるため、当社があらかじめ確保する53万kW
【募集条件】当社があらかじめ確保する、専用線オンライン(簡易指令システムを用いるものを除く)で調整できる設備等(常時の周波数制御には用いないため、周波数調整機能の具備は必須でない)

(3)電源I’厳気象対応調整力
【募集方法】競争入札による調達を実施
【募集規模】厳気象発生時等の需給対応に用いるため、当社があらかじめ確保する34万kW
【募集条件】当社があらかじめ確保する、原則としてオンライン指令(簡易指令システムを用いるものを含む)で電力の供出ができる設備等(厳気象発生時等の需給対応が主な目的のため、周波数調整機能の具備は必須でない)

(4)電源II周波数調整力
【募集方法】公募による調達を実施
【募集規模】公募により調達するため、募集規模は設定していない(要件を満たす全ての申込者と契約に係る協議を実施する)
【募集条件】当社から専用線オンライン(簡易指令システムを用いるものを除く)で調整できる設備等(常時の周波数制御および需給バランス調整に用いるため、周波数調整機能の具備が必須)

(5)電源II需給バランス調整力
【募集方法】公募による調達を実施
【募集規模】公募により調達するため、募集規模は設定していない(要件を満たす全ての申し込み者と契約に関わる協議を実施する)
【募集条件】当社から専用線オンライン(簡易指令システムを用いるものを除く)で調整できる設備等(常時の周波数制御には用いないため、周波数調整機能の具備は必須でない)

(6)電源II’低速需給バランス調整力
【募集方法】公募による調達を実施
【募集規模】公募により調達するため、募集規模は設定していない(要件を満たす全ての申込者と契約に係る協議を実施する)
【募集条件】当社からオンライン(簡易指令システムを用いるものを含む)で調整できる設備等(常時の周波数制御には用いないため、周波数調整機能の具備は必須でない)

 調整力電源に応募される事業者さまは、各募集要綱と契約書(ひな型)をご参照いただき、所定の様式にご入力のうえ期間内に応募をお願いいたします。また、応募に関するご質問等がございましたら、以下お問い合わせメールアドレスより入力様式をご使用のうえお問い合わせください。

 当社は、周波数制御・需給バランス調整等に用いる調整力電源を遅滞なく調達し、引き続き、当社サービスエリア全体の電気の安定供給に努めてまいります。

【募集期間】
(1)電源I周波数調整力、(2)電源I需給バランス調整力、(4)電源II周波数調整力、
(5)電源II需給バランス調整力、(6)電源II’低速需給バランス調整力
 入札期間:2017年10月2日(月)~2017年11月1日(水)

(3)電源I’厳気象対応調整力
 2017年9月29日(金)の第22回制度設計専門会合の議論を踏まえ、条件が整い次第あらためてお知らせいたします。
(受付時間は土日祝日を除く平日の午前10時~午後0時、午後1時~午後4時とさせていただきます)

【要綱】

【契約書(ひな型)】

【お問い合わせメールアドレス】
pgc.cyotatu1@tepco.co.jp

【お問い合わせ入力様式】

【ご意見募集に対する回答】
募集開始に先立ち、先般実施の意見募集(RFC)に対する当社回答を以下のとおりお知らせいたします
なお、電源I’厳気象対応調整力へのご意見募集に対する回答については、2017年9月29日(金)の第22回制度設計専門会合の議論を踏まえ、募集開始の際にあらためてお知らせいたします。

以 上

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります